ギモン解決!鼻水吸引機の購入ガイド

LINE UP

トップページ > 鼻水吸引器について > 鼻水吸引器で赤ちゃんの鼻詰まりを手早く解消

鼻水吸引器で赤ちゃんの鼻詰まりを手早く解消

鼻がつまると息苦しくなるため鼻をかんだりすることも多いのではないでしょうか。
ただ人によってはそれが大変なこともあるため、鼻水吸引器などが必要になってくる場合もあります。
例えば赤ちゃんなどは自分で鼻をかむことができないため、誰かがそれを手伝ってあげないといけないでしょう。
特に月齢が低い場合は自分でそれを伝えることもできないため、大人が様子を見ながら判断する必要があります。
息が苦しくて機嫌が悪くなったり、寝つきが悪いとお世話をするママも疲れてしまいます。
大人だと鼻づまりくらい大丈夫と軽く考えてしまいがちですが、赤ちゃんは自分でどうすることもできないためしんどい場合もあるでしょう。
赤ちゃんの場合はすべてが小さいためなんとかしてあげたくてもできないこともありますので、状況に応じて鼻水を吸引してあげることが大切です。


鼻水吸引器といってもいろいろなタイプのものがありますので、状況に応じて使い分けるといいでしょう。
例えば自宅にいて使用できる場合は電動のものなどが便利かもしれません。
見た目も比較的しっかりとしたタイプですが、その分しっかりと吸引できるため鼻詰まりも解消されそうです。
いろいろなメーカーのものが売られていますが、日ごろから鼻が詰まりやすい場合は一台備えていると便利でしょう。
赤ちゃんの機嫌が悪くなりそうな時でもすぐに吸引することができるので育児の負担も軽減されそうです。
また電動の場合はやや音が気になることもありますので、動作音についてはあらかじめ確認しておくといいかもしれません。
慣れてくると大丈夫ですが、赤ちゃんによってはその音に驚いてしまう事もあります。
急に使うのでなく少し音に慣れてからの方が安心するかもしれませんし、赤ちゃんの性格などを見ながら使ってあげるといいでしょう。


鼻水吸引器には持ち運びに便利なタイプのものも売られています。
電動だと音が気になったりするため敏感な赤ちゃんは少し使いにくいですが、そうでないコンパクトタイプだと比較的抵抗なく使える場合もありそうです。
昔からよくあるのは、細いくだから吸い取ってあげるタイプのものです。
やや吸引力にはかけますが、軽い鼻づまり程度ならこれで解消されることもあるでしょう。
携帯できるため外出先でも気軽に使用することができますし、電池いらずでとても経済的です。
またこのほかにも電動タイプで携帯できるものもありますので、鼻詰まりが気になる場合はこうしたものを持ち歩いても便利でしょう。
鼻水吸引器の場合は直接赤ちゃんの鼻につけるため、最初のうちは赤ちゃんが嫌がったりなかなかうまく使えない場合もあるでしょう。
ただそれを使った事で鼻がすっきりしたり気分がよくなったという感覚を覚えてくれれば、次第に使えるようになってくるでしょう。
無理強いすると後で使いにくくなるため、慣れるまではゆっくり時間をかけてあげるといいでしょう。