ギモン解決!鼻水吸引機の購入ガイド

LINE UP

トップページ > 鼻水吸引器について > 鼻水吸引器は手動と電動とどうやって選ぶか

鼻水吸引器は手動と電動とどうやって選ぶか

赤ちゃんの頃は鼻が詰まっても自分で鼻をかむことも出来ないので、風邪をひくと鼻が詰まって苦しそうにおっぱいを飲むという姿に可哀そうに感じる母親も多いです。
息苦しそうにしていると看病しているほうも心配です。
そんな苦しんでいる赤ちゃんの呼吸を少しでも楽にしてあげたいというおもいから生まれたのがこの鼻水吸引器です。
手動で吸うタイプのものと電動で吸えるタイプのものとがあります。
鼻水にはウイルスがたっぷり含まれているので、そのまま鼻水や鼻づまりを放置している赤ちゃんの場合はすぐに中耳炎や、結膜炎、気管支炎を起こしてしまう傾向があります。
赤ちゃんにふさわしい鼻水吸引器の選び方としては、挿入部のノズルが安全かどうかということや、吸引力の強さ、そして家での手入れが簡単にできるかなどがポイントです。
そして、赤ちゃんが怖がらないものを選ぶのも大切です。


まず初めに、試しやすいものは口で吸い取るタイプです。
これは近所のドラッグストアやスーパーなどでもどこでも買うことが出来ます。
大きさもコンパクトですし、何より仕組みがシンプルなので、まず最初に使うとなると、値段的にもお買い得ですし、おすすめです。
しかしながら肝心の吸引力の方は、やはり手動ですので電動のタイプよりは劣ってしまう点がデメリットです。
耳鼻科であるようなものは、吸引力もありますが、その点、値段も高額です。
いきなり試してみて、必ずその子に合うかどうかはわかりません。
ですので、まずは高額な吸引器を買う前段階として、手動式のお安いものを使用してみるのが良いでしょう。
それで問題なければ今後も使いづけられます。
もし、鼻水が多くて度重なる中耳炎を発症しているという人は改めて電動式の購入を検討してみるのも良いでしょう。


では電動の吸引器のメリットはどんな点でしょう。
まずは何よりも耳鼻科に行くのと変わらない吸引力です。
中耳炎を起こす子は度々なり慢性的になりがちです。
つまり、数日に一回耳鼻科通いをすることになる場合も多いです。
その間で、自宅でもしっかりと吸引が出来れば悪化を防ぐこともできます。
また、電動ですので吸引力を調節できる機能がついているので便利です。
さらっとした鼻水は良いですが、粘り気のある鼻水には電動の鼻水吸引器が最適です。
医療機関がおすすめしている商品を選べば安心です。
また、家族みんなで使うことが出来ます。
しかし、値段が高く、場所をとることなどもデメリットとして覚えておきましょう。
重いので持ち運びにも不便ですし、手動式の様にかばんの中に忍ばせて持ち歩くことも出来ません。
使用頻度に合わせて、購入を検討する場合は医師に相談するほうが良いでしょう。